セブン人事抗争の内幕

セブン井阪氏はヨーカ堂と百貨店を立て直せるのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
39年間の営業が終了し、最後のシャッターが下りるイトーヨーカドー土浦店=2013年2月17日、福沢光一撮影
39年間の営業が終了し、最後のシャッターが下りるイトーヨーカドー土浦店=2013年2月17日、福沢光一撮影

カリスマの引き際(5)

 「鈴木会長は私たちに、常に変化に対応するアグレッシブな行動力と、お客様の利便性や価値を愚直なまでに追求する姿勢を教えてこられました」

 セブン&アイ・ホールディングスの新体制を決めた4月19日の取締役会終了後、新社長に内定した井阪隆一氏がコメントを出した。その中で、鈴木敏文セブン&アイ会長兼最高経営責任者(CEO)を、「アグレッシブ」「愚直なまでに」といった表現でたたえた。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1608文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz