自動車不正リポート

社長に「無念」と言わせた三菱自動車三たびの不正

編集部
  • 文字
  • 印刷
厳しい表情で記者会見する三菱自動車の相川哲郎社長=2016年4月20日、竹内幹撮影
厳しい表情で記者会見する三菱自動車の相川哲郎社長=2016年4月20日、竹内幹撮影

 三菱自動車の相川哲郎社長が4月20日、緊急の記者会見を開き、軽自動車4車種で燃費データの不正操作が行われていたと発表した。自動車業界の不正と言えば、昨年9月に表面化した、独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れが記憶に新しい。三菱自動車とVWの不正はどこがどう違うのか。

カタログ記載の燃費性能に「ウソ」

 三菱自動車の発表によると、不正操作が行われていたのは、2013年6月から生産している「eKワゴン」「eKスペース」と、日産に供給している「デイズ」「デイズルークス」の4車種だ。

 例えばeKワゴンの燃費の最も良いモデルの場合、ガソリン1リットル当たりの走行距離を「30.4キロ」…

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1672文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz