新しゅうかつ日記2016

焦りと迷いと開き直りを繰り返す就活生の心模様

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
就活初心者のための講座は学生でいっぱい=マイナビ合同会社説明会で、竹内紀臣撮影
就活初心者のための講座は学生でいっぱい=マイナビ合同会社説明会で、竹内紀臣撮影

 6月の面接開始まで1カ月あまり。連休前のこの時期、就活の停滞を感じる学生は多い。

 就活生は企業説明会参加やエントリーシート(ES)書き、さらにリクルーター面談という名の事実上の面接で、毎日忙しく走り回っている。しかし、「内々定」への手応えがあまりないため、追われる割には時間が進んでいないように思えるのだ。

 東京都内の私立大文系学部4年、藤田唯さん(21)も、その一人。新聞社や出版社を目指していて、2月か…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文897文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。