スキル・キャリア思いを伝える技術

箇条書きは便利だが熱いラブレターには不向き

川井龍介 / ジャーナリスト

 何かを説明するには、「簡潔にわかりやすく」が鉄則です。その一つの方法としてよく使われるのが箇条書きです。とても便利な方法なので、有用なのは間違いありません。ただし、なんでも箇条書きにすればいいということではありません。また、箇条書きの際の形式も注意する必要があります。

 ある町内会で、日々のゴミ収集に関して、決められたルールを守らない世帯があるため、町内会長が注意を喚起する文書を各世帯に配布しました。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1534文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。