東芝問題リポート

中継ぎ・室町社長が後任に託す東芝再生の道なき道

編集部
  • 文字
  • 印刷
「社長職のバトンタッチ」について質問され、顔をほころばせる東芝の室町正志社長=2016年3月18日、亀井和真撮影
「社長職のバトンタッチ」について質問され、顔をほころばせる東芝の室町正志社長=2016年3月18日、亀井和真撮影

 原子力事業の減損処理と、業績予想の修正を発表した4月26日の東芝の記者会見。ここで、室町正志社長の進退についての質疑があった。

 記者が「社長人事についてうかがいたい。東芝の指名委員会が検討を始めているという報道があった。東芝は特設注意市場銘柄の解除に向けて道半ばだ。室町社長自身は、進退についてどう考えているか」と質問した。

 これに対して室町社長の答えは次の通りだった。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文1892文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz