「この人、この土地」だから生み出せる一品

アマゾンで年間1万本販売「利島ツバキ油」の魅力

小高朋子・旅食ライター・カメラマン
  • 文字
  • 印刷
完熟したヤブツバキの花と実=小高朋子撮影
完熟したヤブツバキの花と実=小高朋子撮影

 ツヤツヤと美しく輝く髪へと導いてくれるツバキ油と聞いて、ヘアオイルやシャンプーを思い浮かべる人も多いだろう。ドラッグストアには必ず置いてある定番商品だが、髪の毛以外にもさまざまな使い道がある。例えば、スキンケア用品として肌に直接塗ってもよい。食用としても「和製オリーブオイル」と言われるほど、体を内外からきれいにしてくれる。知れば知るほど、その魅力に引き込まれてしまう。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2688文字)

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。