新しゅうかつ日記2016

キャリアを積みたい女子大女子の孤独な戦い

内山勢・毎日新聞教育事業室委員
  • 文字
  • 印刷
学生たちで混雑する合同会社説明会の会場=竹内紀臣撮影
学生たちで混雑する合同会社説明会の会場=竹内紀臣撮影

 秋山葉月さん(21)は、東京都内の名門女子大学に通う4年生。キャリア志向で出版社、総合印刷会社などのマスコミ業種を目指している。

 マイペースで、どちらかというと人見知りする引っ込み思案の性格。就活解禁までにその性格を克服するため、3年生の秋、東京都内の有名インテリアショップでインターンシップ体験をした。しかし、ミスを連発。「私ってこんなに仕事ができないんだ」と落ち込んだ。

 急に性格を変えることはできない。それなら、企業分析をしっかりやって、エントリーシート(ES)や面接に備えようと思った。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1146文字)

内山勢

毎日新聞教育事業室委員

 1983年、毎日新聞社入社。山形支局記者を振り出しに、週刊サンデー毎日、東京経済部、週刊エコノミスト編集委員などを歴任。毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長を10年務めた。現在は教育事業室委員。静岡大学で客員教授を務めるなど各地の大学でマスコミ関係の授業をしている。