新しゅうかつ日記2016

「6月までに就職決めたい」神さま望みは一つだけ

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
時間が限られる合同会社説明会ではブースを回る順番も重要なポイントの一つだ=竹内紀臣撮影
時間が限られる合同会社説明会ではブースを回る順番も重要なポイントの一つだ=竹内紀臣撮影

 大型連休明け、東京の私立大文系学部4年、藤田唯さん(21)は、いつものリクルートスーツではなく、カジュアルな服装だった。

 「連休中は障害者スポーツ大会を見に行ったり、公害病のシンポジウムに参加したりと、就活から離れて、すっかりリフレッシュできました」

 6月の選考開始まで1カ月を切った。連休明けに企業が内々定を乱発する、といううわさが飛び交っている。再び闘いの日々だ。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文777文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。