部下を伸ばす上司 ダメにする上司

部下の長所とやる気は必ずしも一致しないので要注意

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 大型連休が終わり、世の上司たちは、異動してきた部下や新入社員の長所を見つけ始めている時期かもしれません。「彼は、こんな技術を持っていたのか」「意外と人前で話せるヤツだ」といった発見をして、うれしい気分の上司も少なくないでしょう。

 しかし、こうした上司の評価やその先入観が、かえって部下のやる気をそぐことがあります。実は、もともとエンジニアだった筆者もそうした部下の一人でした。

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1460文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。