ハードウエア新時代

中国・深圳に見るスマホ部品屋と修理屋の大繁盛

西田宗千佳・フリージャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
中国・深圳の街並み
中国・深圳の街並み

 先日、中国・広東省の深圳(しんせん)に取材に行ってきた。深圳はスマートフォンをはじめとしたデジタルガジェットや、ケースなどの周辺製品の多くを生産する工場が集積する場所であり、「世界の工場」と言える地域の一つだ。

 深圳の電気街は、秋葉原などとは異なり、さらに混沌としている。スマートフォンケースや保護シートなどを作る企業が注文を受ける「出店」が、大量にあるからだ。天井までスマートフォンの保護シートが積み上がった店舗の姿は、なかなかにインパクトがある。

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1663文字)

西田宗千佳

フリージャーナリスト

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿するほか、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。