週末シネマ

慎み深さと誠実さが胸を打つ「殿、利息でござる!」

  • 文字
  • 印刷
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

 この映画、手短に言ってしまうと「慎み深く、人に尽くせ」。言い古された、ありがたい美徳。確かに大事でしょうよ。でも言うはやすし、だいいち世知辛い今の世、そんなのまっとうすぎてかえっていかがわしい。今さら説教くさい映画なんか、見たくない。

 確かに。しかしこの映画、説教は垂れるがくさくはない。そろって単純明快な登場人物が、真っすぐにゴールに向かって突き進む。その姿は滑稽(こっけい)だけれど、濁りがない。愚直なまでの真剣さと誠実さは意外と強力で、つい引き込まれ、心打たれてしまう。説教が効いてくるのは見終わってから。磯田道史の「無私の日本人」にある実話を脚色した。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1390文字)