(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

社会・カルチャー週末シネマ

慎み深さと誠実さが胸を打つ「殿、利息でござる!」

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 この映画、手短に言ってしまうと「慎み深く、人に尽くせ」。言い古された、ありがたい美徳。確かに大事でしょうよ。でも言うはやすし、だいいち世知辛い今の世、そんなのまっとうすぎてかえっていかがわしい。今さら説教くさい映画なんか、見たくない。

 確かに。しかしこの映画、説教は垂れるがくさくはない。そろって単純明快な登場人物が、真っすぐにゴールに向かって突き進む。その姿は滑稽(こっけい)だけれど、濁りがない。愚直なまでの真剣さと誠実さは意外と強力で、つい引き込まれ、心打たれてしまう。説教が効いてくるのは見終わってから。磯田道史の「無私の日本人」にある実話を脚色した。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1390文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
新潮45(10月号)

杉田論文批判に反論特集を組んだ新潮45は炎上商法か

 杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」と差別する寄稿を8月号で載せた月刊誌「新潮45」が、1号をおいた1…

ニッポン金融ウラの裏

外国人労働者の送金ニーズと「銀行不要論」の密な関係

 労働人口の減少を背景に、国内のさまざまな産業で外国人労働者への依存度が高まっている。そうした外国人労働者にとって、稼いだ給料を家…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…