自動車不正リポート

「力のない子会社」に燃費向上を丸投げした三菱の罪

編集部
  • 文字
  • 印刷
東京都港区の三菱自動車本社
東京都港区の三菱自動車本社

 燃費データ不正が発覚した三菱自動車は5月18日、益子修会長、相川哲郎社長が不正に関する4回目の記者会見を開いた。A4判で4枚の資料を配り、軽自動車4車種の不正の事実関係と背景、原因について、改めて詳しく説明した。

 それによると、子会社である三菱自動車エンジニアリングの管理職が、燃費データのもとになる走行抵抗値を算出する試験をタイで行ったが、想定通りの数値が得られなかった。このため、不適切な低い値のデータを使って、机上計算した走行抵抗よりさらに低い値を作成。三菱自動車の性能実験部の管理職に提示した。性能実験部の管理職は不適切と知りながら承認したという。

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1940文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz