くらし20年後の暮らしとお金

マイナス金利は庶民に影響しないので慌てなくていい

塚崎公義 / 久留米大学商学部教授

金融商品の基礎知識(3)

 日銀がマイナス金利政策を採用したことで、何か大事件が起こったように考えている人も多いようですが、庶民の生活には基本的に関係の無いことです。冷静に対応しましょう。今回は、マイナス金利を巡る誤解について考えてみましょう。

マイナスなのは銀行の準備預金だけ

 マイナス金利になったのは銀行の「準備預金」だけです。しかも全部ではなく一部です。準備預金というのは、銀行が日銀に預金している口座のことです。わたしたちが銀行に預金している口座はマイナス金利にはなっていません。

 マイナス金利のニュースが流れてから、家庭用の金庫の売り上げが増えた、といった報道がありましたが、金…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1403文字)

塚崎公義

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。