セブン人事抗争の内幕

セブン&アイ「カリスマ」の落日はこの日始まった

毎日新聞経済部
  • 文字
  • 印刷

 セブン&アイホールディングスで起きた「前代未聞の権力闘争」を毎日新聞経済部が総力を挙げて取材し、単行本「カリスマ鈴木敏文、突然の落日 セブン&アイ『人事抗争』全内幕」(毎日新聞出版)として5月31日に出版しました。「コンビニの神様」鈴木敏文氏はなぜ、引退に追い込まれたのか。その「序章」と「第1章 緊迫の取締役会」の概要版を、経済プレミアで8回に分けて特別連載します。

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文2016文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。