30歳ではじめる資産形成

割安株が割高になったら売って利益確定を

横山邦男・前三井住友アセットマネジメント社長
  • 文字
  • 印刷

株の知識(5)

 長期投資を前提にするなら、ずっと保有し続けるというのも一つの手ではあります。ただ、株式の個別銘柄投資の場合、単純にそう言い切れないケースもあります。

 株価が割安なところで買ったとしましょう。徐々にその銘柄が株式市場の注目を集め、大勢の投資家が買いに来たとします。当然、株価は値上がりします。時には、急騰するケースもあります。そのとき、どうすれば良いのか、ということです。

 例えば500円の株価で買った銘柄が、短期間のうちに1000円になったとします。2倍です。さらにはP…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1081文字)

横山邦男

前三井住友アセットマネジメント社長

東京大学卒、1981年に住友銀行(現三井住友銀行)入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、2014年4月から三井住友アセットマネジメント社長、16年6月から日本郵便社長。住友銀行とさくら銀行の合併によるメガバンク誕生の際に腕を振るった金融界のビッグネーム。著書に「今こそはじめる資産形成」(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。