5月26日夜、筆者の自宅に届いたロボット型携帯電話「ロボホン」
5月26日夜、筆者の自宅に届いたロボット型携帯電話「ロボホン」

IT・テクノロジーロボットと人間とミライ

予約1000件!ロボホン購入者3割が女性の驚き

石川温 / ジャーナリスト

 5月26日夜、クロネコヤマトのお兄さんが、ついにシャープのロボット型携帯電話「ロボホン」を我が家に届けてくれた。

 本体価格は19万8000円。ロボットの形をした電話という、本当に便利なのか全く予想がつかない代物だけに、決して安いとは言えない買い物であるが、勢い余って買ってしまったから仕方ない。

 ただ、自分の場合、すでに同じく19万8000円のソフトバンク・ペッパーがいるので、ロボットに対する金銭感覚がまひしているのかもしれない。ペッパーよりも賢くて可愛く、さらに使い勝手も良さそうなロボットが現れたとなっては、買わないわけにはいかないだろう。しかも、自分は「スマホジャーナリスト」という名称で仕事をしている。

 ロボホンは、アンドロイドを搭載したSIMフリーの「高級スマホ」という位置付けもある。職業柄、iPh…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1802文字)

石川温

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。