新しゅうかつ日記2016

「先輩がいる業界にしようかな」就活は弱気との戦い

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
マイナビ合同会社説明会で、合間にスマホをチェックする学生=竹内紀臣撮影
マイナビ合同会社説明会で、合間にスマホをチェックする学生=竹内紀臣撮影

 首都圏の国立大文系学部4年、武田健太郎さん(21)は、リクルートスーツにキャリーバッグをひいてやってきた。武田さんはいま大学の近くで1人暮らしをしているが、翌日の面接が朝早いため、会社から近い実家に泊まるという。

 「まだまだきつい毎日です。体重は戻ってません」

 友人から「お前、やせたんじゃない?」と言われて約1カ月。6月1日の選考解禁を目前に忙しい日々が続き、まだ体重が元に戻るような余裕はない。

 この時期、すでに内々定をもらってリクルートスーツを脱ぎ、普段着でキャンパスを歩く友人も多い。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文860文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。