マンション・住宅最前線

予約なしで新築マンション「ちょこっと見学」の新手法

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「見るだけDAY!」を実施しているグローリオ田園調布の販売センター
「見るだけDAY!」を実施しているグローリオ田園調布の販売センター

 新築マンションを売る時、通常は建設地の近くに販売センターという建物をつくり、そこで販売活動を行う。最近は「ギャラリー」とか「パビリオン」などおしゃれな名前がつけられ、建物も立派になっている。しかも、外からのぞいても、受付カウンターが見えるだけで、中の様子は分からない。初めてマンションを買おうかなと考えている人には気軽にとはいかず、なかなか入りにくい場所だ。

 そこで、「セキュリティー・マンション」のセコムホームライフが「もっと気楽に見てください」と、新しい…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1314文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。