部下を伸ばす上司 ダメにする上司

居酒屋に渦巻く「不満とグチ」の壮大なすれ違い

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 連日、東京都知事の政治資金に関する報道がにぎやかです。もともと都知事自身が、政治と金の問題に関して厳しい発言をすることが多かったので、支持者としては「期待を裏切られた」という思いが強いのでしょう。

失敗しても「評価」は冷静に

 期待と実態の落差は、「過大評価と過小評価」の問題とも言えます。職場の上司と部下の間にも存在します。「上司が自分のことをわかってくれない。正当に評価されていない!」──居酒屋に行けばよく耳にする言葉です。

 部下への過小評価は、適材を適所に配置できないことにつながり、部下のやる気を落としかねません。組織に…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1758文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。