街の文化漂う 秘蔵の宿

つまみ付き飲み放題のバー 横浜「ホテル パセラの森」

稲葉なおと・紀行作家、一級建築士
  • 文字
  • 印刷

素泊まり9300円(1人、税込み)

 JR関内駅から徒歩5分。43室のホテルは、平日は出張のビジネス客や若いカップル、女子のグループ客で、週末になると加えて家族連れで埋まる。

 チェックインを済ませたゲストは、まずはラウンジで好みのサイズ、色で部屋着の作務衣(さむえ)を選ぶ。赤白ワインも含めたフリードリンク&スイーツのコーナーがあるので、好みの物を部屋で持ち運んでもよい。

 ラウンジには他にもマッサージ用のソルトや世界のバスソルトなどさまざまなアメニティーの用意がある。好…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1879文字)

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)