IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

スマホ位置情報が記録される社会の利点と不安

まつもとあつし / ジャーナリスト

 東京都小金井市でライブ活動をしていた女子大学生(20)が刺される事件が起きました。報道では、かつてアイドルグループ「AKB48」のメンバーが握手会で襲われた事件を引き合いに、アイドルとファンとの距離の取り方といった観点で報じられるケースが多いようです。

 しかし、筆者は、ソーシャルメディア上のコミュニケーションのあり方が改めて問われているように思います。例えば、ツイッター上で特定の相手に自分のつぶやきやプロフィールを見せないようにする「ブロック」、嫌がらせや、ツイッターの利用規約に違反するユーザーをツイッター社に報告する「通報」といった機能を、どう使えばよいのか、といった点です。

 ブロック機能は、相手とのやり取りができなくなるため、相手を不快にさせたり、場合によっては刺激したり…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1840文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。