2016年5月26日、小松やしほ撮影
2016年5月26日、小松やしほ撮影

政治・経済セブン人事抗争の内幕

“最高益”社長が差し違え覚悟でカリスマと対決した日

毎日新聞経済部

社長交代案否決(7)

 運命の取締役会−4月7日午前9時半−

 東京・JR四ツ谷駅に程近いオフィス街に、大手流通グループ、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の本社はある。2016年4月7日午前9時半、本社9階の会議室で、HDの将来を大きく左右する取締役会が始まった。

 HDのカリスマ的存在である鈴木敏文会長をはじめ、村田紀敏社長ら社内取締役11人と、社外取締役4人の計15人が顔をそろえた。居並ぶメンバーの中には、この日の最大の焦点である中核子会社、セブン─イレブン・ジャパンの井阪隆一社長の姿もあった。

 この取締役会では、1年の業績をまとめた2016年2月期連結決算の承認なども議題に上がっていたが、社…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2059文字)

毎日新聞経済部

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。