30歳ではじめる資産形成

「自動車好き」ならトヨタや部品会社に投資もアリ

横山邦男・前三井住友アセットマネジメント社長
  • 文字
  • 印刷

株の知識(7)

 どんな会社の株式に投資すれば良いか。これは、非常に迷うと思います。何しろ、東京証券取引所に上場されている会社数は、2016年5月末時点で3519社にも上ります。これだけの中から、数社をピックアップして投資するのは、かなり骨の折れる作業といってもよいでしょう。

 なので、自分なりにいくつかの基準を設けて、それに沿って会社選びをするのが良いと思います。

 例えば、自分の就職活動で採用試験を受けに行った会社の株式に投資してみてはいかがでしょうか。他には、…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1010文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

横山邦男

前三井住友アセットマネジメント社長

東京大学卒、1981年に住友銀行(現三井住友銀行)入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、2014年4月から三井住友アセットマネジメント社長、16年6月から日本郵便社長。住友銀行とさくら銀行の合併によるメガバンク誕生の際に腕を振るった金融界のビッグネーム。著書に「今こそはじめる資産形成」(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。