新しゅうかつ日記2016

どの道を選ぶか決められるのは自分だけ

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
学生でいっぱいになった就活情報講座=マイナビ合同会社説明会で、竹内紀臣撮影
学生でいっぱいになった就活情報講座=マイナビ合同会社説明会で、竹内紀臣撮影

 超難関アナウンサー職に挑んだ水谷英理奈さん(23)=東京の私大文系学部4年。ローカルテレビ局2局から内々定をもらった。

 素直に喜ぶべきところだが、最初に内々定したA局の幹部に「他の局はどうするの?」と尋ねられ、「はい、全部断ります!」と答えてしまった。志望度が高いB局を除いてすべて断ったのはいいが、そのB局にも内々定した。「どうしよう……、行きたいのはB局……」

 A局の採用者のうち、アナウンサー職は水谷さん1人だけだ。水谷さんを評価し、選んでくれた。その気持ち…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文968文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。