新しゅうかつ日記2016

ついにつかんだ! 第1志望からの内々定

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
オフィスビルの通路で、第一志望の大手出版取り次ぎ会社からの電話を受ける金子さん
オフィスビルの通路で、第一志望の大手出版取り次ぎ会社からの電話を受ける金子さん

 3月に内定した冠婚葬祭系ベンチャー企業の了解を得て、就活を続けていた金子冬美さん(21)=東京の私大文系学部4年=の携帯が鳴った。表示された番号は、きのう最終面接を終えたばかりの大手出版取次会社のものだった。

 「金子さん、採用です。おめでとうございます」

 「ありがとうございます」。思わず、見えない相手に何度も頭を下げた。ついに第1志望の会社の内々定が決まったのだ。

 ここまでの道のりはけっして平たんではなかった。一歩手前までは行くが、最終面接に進めない。「志望動機…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文818文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。