ここが変わる確定拠出年金

現役世代の味方「新・個人型確定拠出年金」

竹川美奈子・ファイナンシャル・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 改正確定拠出年金法が5月に成立しました。いくつかの大きな改正がありますが、今回は個人型確定拠出年金の適用範囲拡大について解説します。

 個人型確定拠出年金は、自分で金融機関を選んで口座を開設し、預金や保険、投資信託などの金融商品で運用します。そして、60歳以降に一時金か年金方式(または併用)でそのお金を受け取ります。受け取る金額は運用次第で変わります。

 老後に向けた資産形成を考える上で、真っ先に検討したいのがこの個人型確定拠出年金です。この個人型確定…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1778文字)

竹川美奈子

ファイナンシャル・ジャーナリスト

出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年フィナンシャル・プランナー資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金、マネープランセミナー等の講師も務める。「新・投資信託にだまされるな!」(ダイヤモンド社)など著書多数。