日産のカルロス・ゴーン社長=2016年5月12日、徳野仁子撮影
日産のカルロス・ゴーン社長=2016年5月12日、徳野仁子撮影

政治・経済消費者に刺さるモノづくり

「サトウキビ燃料」で走る日産の新電気自動車とは?

永井隆 / ジャーナリスト

 日産自動車は、液体のバイオエタノールから発電した電気で走行する新しい燃料電池車向けシステム「e-Bio Fuel-Cell」の技術を公表した。走行中はもとより、燃料の生成過程でも二酸化炭素(CO2)が発生せず、従来の燃料電池車に必要だった水素ステーションもいらないのが特徴だ。

 走行距離はガソリン車並みで、車両価格も従来の燃料電池車より大幅に安くなるという。日産の坂本秀行副社長は、「商品化は2020年をメドとするが、日産としては、水素を燃料とする燃料電池車より、こちらの商品化が先になるだろう」と説明する。

 スポーツタイプ多目的車(SUV)やピックアップトラック、商用バンなど、重量があって稼働率が高い車両…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1809文字)

永井隆

永井隆

ジャーナリスト

1958年群馬県桐生市生まれ。明治大学卒。東京タイムズ記者を経て、92年にフリージャーナリストとして独立。「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)など著書多数。