新しゅうかつ日記2016

内定しても満ち足りぬ就活ファイターの本命は

内山勢・毎日新聞教育事業室委員
  • 文字
  • 印刷
マイナビ合同会社説明会で=竹内紀臣撮影
マイナビ合同会社説明会で=竹内紀臣撮影

 6月1日に採用選考が解禁されて2週間が過ぎた。志望の会社から早々と内々定をもらい、アルバイトや部活動を復活させた人、内々定をもらえず、リクルートスーツ姿で今も一生懸命企業を回っている人、内々定があっても、引き続き就活を続ける人−−就活戦線は終盤かもしれないが、まだ終わったわけではない。

 東京都内の私立大文系学部4年、友野杏さん(21)も、5月中に志望の2社から内々定を得て、6月に入っても就活を続けている。ちょうど、大手アパレル関連メーカーの2次面接が終わったばかりだ。

 友野さんはそこで、「志望動機」と「学生時代にがんばったこと」を、30秒以内で話してほしいと言われたという。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文790文字)

内山勢

毎日新聞教育事業室委員

 1983年、毎日新聞社入社。山形支局記者を振り出しに、週刊サンデー毎日、東京経済部、週刊エコノミスト編集委員などを歴任。毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長を10年務めた。現在は教育事業室委員。静岡大学で客員教授を務めるなど各地の大学でマスコミ関係の授業をしている。