キャリアセンター ここだけの話!?

「インターンシップに参加して内定」4割の衝撃

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 経団連ルールによる採用・選考の解禁日(6月1日)から3週間が経過した。就活生本人や、就活生を支援する大学の教職員にとっては、「どのくらい内定・内々定が出ているのか」が気になるところだ。

 そういうタイミングで二つの就職情報会社が相次いで内定状況の調査結果を発表した。

内定をもらっても64%が就活継続

 リクルートキャリアによると、6月1日現在の就職内定率は52.4%。前年同月の34.5%に比べて17.9ポイントも高かった。また、今年の5月1日時点の25.0%に比べても27.4ポイント高い。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1179文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。