思いを伝える技術

「事実」を表す文章に「意見」がまじると読みにくい

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 読んでいて、あるいは聞いていて「なんだかまどろっこしいな」と、感じる表現があります。その理由はいくつかありますが、そのひとつとして「事実」と「気持ちや評価」が入り交じっている、ということがあります。

 高齢者福祉ビジネスに関係のある人が、先進的な有料老人ホームを視察してその報告をまとめた文章を見てみましょう。そのなかで建物については以下のように触れられています。

 「建物は3階建てで、エントランスが吹き抜けになっています。周りはガラス張りで、日中はいつでも光が差し込み、開放感のあるつくりになっています。居心地のいい空間です。高齢者のホームという感じがまったくなく、これなら将来入ってもいいと思う人が多いのではないでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1565文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。