株主総会リポート

「債務超過は回避」室町社長が振り返った東芝の1年

編集部
  • 文字
  • 印刷
雨がぱらつく中、定時株主総会の会場に入る東芝の株主ら=2016年6月22日撮影
雨がぱらつく中、定時株主総会の会場に入る東芝の株主ら=2016年6月22日撮影

不正発覚から2年目の株主総会(1)

 不正会計の発覚から1年あまり。東芝は6月22日、東京都墨田区の両国国技館で定時株主総会を開いた。今回の株主総会では議案は四つ。取締役11人全員が任期切れとなるため、再任8人、新任2人の取締役10人を選任する人事案などだ。質疑も含めて総会は2時間58分かけて行われ、4議案はいずれも原案通り可決された。この株主総会の模様を2回に分けてリポートする。

 東芝の株主総会は例年、国技館名物の焼き鳥弁当がお土産に配られてきた。だが、不正会計が発覚した昨年の…

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2222文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz