自動車不正リポート

「内部告発すらなかった」三菱自生産再開への不安

編集部
  • 文字
  • 印刷
三菱自動車の定時株主総会が始まり、スクリーンに映し出される益子修会長=2016年6月24日、小出洋平撮影
三菱自動車の定時株主総会が始まり、スクリーンに映し出される益子修会長=2016年6月24日、小出洋平撮影

 燃費不正が発覚した三菱自動車は6月24日、定時株主総会を開いた。例年は本社に近い東京・品川のホテルで開いてきたが、今回は収容人数に余裕を持たせるため、今年は千葉市美浜区の幕張メッセに変更して開催した。

 「本年から株主様へのお土産の配布を取りやめさせていただくことになりました。なにとぞご理解くださいますようお願いします」

 不祥事を起こした企業の場合、株主総会に株主が多数来場して混乱するのを防ぐ作戦の一つとしてお土産をとりやめることが多い。三菱自動車もこの日、会場への案内のプラカードを会場近くで係員が掲げたが、そこに、お土産とりやめの注記も書かれた。

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1740文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz