新しゅうかつ日記2016

旅行代理店を目指した大学生の大どんでん返し

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
マイナビ合同会社説明会では企業側も優秀な学生を獲得しようと必死に自社をアピール=東京都内で、竹内紀臣撮影
マイナビ合同会社説明会では企業側も優秀な学生を獲得しようと必死に自社をアピール=東京都内で、竹内紀臣撮影

 東京都内の私立大文系学部4年、近田亮介さん(21)はファッション関連メーカーから早々と内々定をもらったが、会社の了解を得て、第1志望の大手旅行代理店をめざし就活を続けていた。

 自信はあった。学んできたのはユニークな教育方針で知られる中高大一貫校で、中高時代は寮生活。一般的な修学旅行はなかったが、代わりに山村合宿があり、木材の伐採からそれを使った木工品作りなどを経験した。他の学生には得難い体験だろう。

 容姿も個性的だ、と思う。「山男風」とでもいうか、色黒で毛深い。面接では「余裕がありそうだね。顔にに…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文875文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。