英国の国民投票でEU離脱派が勝利したことを伝えるテレビニュース=大阪取引所で2016年6月24日、山崎一輝撮影
英国の国民投票でEU離脱派が勝利したことを伝えるテレビニュース=大阪取引所で2016年6月24日、山崎一輝撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

英国EU離脱で「UK・EU崩壊ドミノ」の恐怖

窪田真之 / 楽天証券チーフ・ストラテジスト

 英国の欧州連合(EU)からの離脱、いわゆる「ブレグジット」が英国の国民投票で決まりました。ですが、実際に英国がEUから離脱するのは、早くても2年後です。それまでは、EUと英国の間には、現在の経済関係が維持されます。離脱が実現するのは、通告してから2年後となります。英国がEUに通告するのが遅れれば、それだけ離脱の時期が遅れます。

 英国では、ブレグジット可決を受け、EU離脱に反対していたスコットランドに英国からの独立を再検討する…

この記事は有料記事です。

残り1764文字(全文1979文字)

窪田真之

窪田真之

楽天証券チーフ・ストラテジスト

1961年生まれ。84年、慶応義塾大学経済学部卒業。住友銀行、住銀投資顧問を経て、99年から大和住銀投信投資顧問。2004年11月に日本証券アナリスト協会の企業会計研究会委員に就任。07年には企業会計基準委員会の専門委員を務めた。14年2月から現職。