職場のハラスメントどう防ぐ?

「一度の説教」をパワハラと訴えられても冷静に対応を

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷

 職場のハラスメントに対する意識は、徐々に高まっています。一方、ちょっとしたことで「それってパワハラ(もしくはセクハラ)ですよね」と口にする社員が増え、うかつにモノが言いにくくなったと感じる上司も少なくないようです。

 とはいえ、そのために指導や注意ができなければ上司は自分の役割を果たすことができません。こうした声を上げる社員に対してどのように対応すればよいかをまとめます。

 会社には、自分の意に沿わないことがあると何でもかんでも「パワハラだ! セクハラだ!」と騒ぎ立てる社員もいるでしょう。何度も騒ぎを起こして社内の反応を楽しむうちに、周囲のハラスメントへの警戒をそぐような場合は、声を上げ過ぎるという意味で「オオカミ社員」とも言えます。こうした社員は、直属の上司のみならず、他の社員にとっても困った状況を作り出します。

 相談窓口を担当する社員が、こうした社員の対応で手いっぱいになってしまうことがあります。すると、本当にハラスメント被害にあっているけれども声を出せずにいる「救うべき人」を見つけられなくなることもあるでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1848文字)

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/