ハードウエア新時代

おサイフ機能も ソニー新スマートウオッチ本格投入

西田宗千佳・フリージャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ウェナリストの6万9800円(税別)のモデル
ウェナリストの6万9800円(税別)のモデル

 ソニーは6月30日より、同社が開発したウエアラブル機器「wena wrist(ウェナリスト)」の一般販売を開始した。価格は4万2800円から6万9800円(ともに税別)で、時計量販店などでの扱いとなる。

 この製品は、腕時計のバンドに、歩数や消費カロリーなどを測る活動量計、メール着信やSNS更新を通知する発光照明と振動モーター、そしてカード決済用の非接触ICと通信機構を組み込んだもの。

 時計部は時計そのものなのだが、バンド部分に俗に言う「スマートウオッチ」の機能のほとんどが内蔵されて…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1583文字)

西田宗千佳

フリージャーナリスト

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿するほか、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。