育児サバイバル

保育園は迷惑施設? 子供の声を嫌う国は栄えるか

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
世田谷区の住宅地に張られた保育園反対の横断幕
世田谷区の住宅地に張られた保育園反対の横断幕

世田谷保育園戦争(1)

 待機児童数が全国1位の東京都世田谷区で、近隣住民の反対のため、複数の保育園計画がストップしています。いったい何があったのでしょうか。特別編を3回に分けてお伝えします。【藤田結子、経済プレミア編集部・小松やしほ】

 高級住宅地として知られる大田区の田園調布の駅から歩いて10分ほど。幹線道路の環状8号を越えた東側に広がる住宅地の十数軒に、黄色い横断幕が張られています。

 「開設反対!! 住環境の破壊!」「危ない三叉(さんさ)路、坂道、一方通行、ここは保育園には向いて…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2015文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。5歳の男の子を子育て中。