自動車不正リポート

「不正車最大451万円で買い戻し」VW米国での代償

編集部
  • 文字
  • 印刷
独ウォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンの工場=2015年9月26日撮影
独ウォルフスブルクにあるフォルクスワーゲンの工場=2015年9月26日撮影

フォルクスワーゲン米当局との和解(1)

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、排ガス不正問題で米当局と和解し、最大147億ドル(約1兆5100億円)を支払うことで合意した。米環境保護局が6月28日発表した。日本ではこの数カ月、三菱自動車の燃費不正が世間をにぎわし、フォルクスワーゲン問題はすっかり影を潜めていたが、排ガス不正は現状、どうなっているのだろうか。

 まず、和解の中身を見てみよう。今回の和解は、米国の環境保護局、司法省、連邦取引委員会、カリフォルニア州大気資源局、それに車の所有者が起こした集団訴訟の弁護団との間で合意したものだ。自動車をめぐる集団訴訟の和解額としては史上最高額という。

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2164文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz