キャリアセンター ここだけの話!?

入社3カ月で「会社選びを間違えた」と気づいたら

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 7月。卒業生を送り出して3カ月がたった。社会人としてそろそろ落ち着いたころかと思っていたら、そうではない電話がかかってくる。

 「あの、相談があるのですが……」。このように話を切り出す場合は、たいてい、うれしい知らせではない。就活についてやりとりしていた時のような弾んだ声ではなく、どこか沈んでいる。

 「連日、残業続きで、上司がパワハラめいた言い方をするんです」「取引先からの言葉がきつくて、心が折れそうです」。それに続く言葉は「会社を辞めたいのですが……」。

 勤務先では誰にも相談ができないのだろう。なので、「一度、大学に来てくれるかな」と答えることにしてい…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1068文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。