思いを伝える技術

上から目線のNGワード「感動を与える」

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 選挙戦まっさかり。日本中「お願いします」のオンパレードで、日ごろは「上から目線」の政治家も、ぐっと目線が下がってきます。

 上から目線はコミュニケーションのなかで気をつけたいポイントです。自分はそのつもりではなくても、相手から「なんか、上から目線の言い方でいやだな」と思われてしまい、相手の理解を妨げることがあります。

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設作業について菅義偉官房長官がよく使ってきた「粛々と進め…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1325文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。