ここが変わる確定拠出年金

確定拠出年金の掛け金の上限が「年単位」に

竹川美奈子・ファイナンシャル・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 5月に国会で成立した確定拠出年金法の改正では、個人型確定拠出年金の加入者だけでなく、企業型確定拠出年金の加入者にとって押さえておきたいことがたくさんあります。勤務先で企業型確定拠出年金に加入している人も多いと思います。主なポイントをまとめました。

 現在は掛け金の上限額は「月単位」で決められていますが、2018年1月から、拠出額の上限は「年単位」になります。拠出額を柔軟に対応できるようにするのが狙いです。

 これは個人型に加入している人も共通です。例えば企業年金制度のない会社員だと、現在は月額2万3000…

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1756文字)

竹川美奈子

ファイナンシャル・ジャーナリスト

出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年フィナンシャル・プランナー資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金、マネープランセミナー等の講師も務める。「新・投資信託にだまされるな!」(ダイヤモンド社)など著書多数。