ニッポン金融ウラの裏

手数料開示問題に見る金融業界の「顧客不在」

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 金融庁は7月6日、金融審議会を開催した。メインテーマは一般には聞き慣れないが、「フィデューシャリー・デューティー」という考え方。「受託者責任」と訳されるこのフィデューシャリー・デューティーとはいったい何か。年金など財産管理を受託して運用する者が負う責任と義務のことである。

 これは欧米で定着している概念だ。米国では「エリサ法」と呼ばれる、年金運用の分野を規定する法律があり、民法で規定されている善管注意義務よりも、はるかに重たい責任を年金資産を受託している管理者や運用者に求めている。

 例えば、金融商品でクレームが出た場合、日本では購入者がその立証責任を負うことになっている。ところが…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1637文字)

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。