海外特派員リポート

大衆迎合政治家の無責任さを証明した英国民投票

坂井隆之・統合デジタル取材センター副部長(元ロンドン特派員)
  • 文字
  • 印刷
フィナンシャルタイムズ紙の1面=英ロンドンで2016年6月25日撮影
フィナンシャルタイムズ紙の1面=英ロンドンで2016年6月25日撮影

英EU離脱決定を特派員に聞く(2)

 英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票で、離脱派を率いた前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏は、所属する保守党の次期党首選で不出馬を表明しました。また、英国独立党のナイジェル・ファラージ党首も、党首を辞任すると発表しました。

 こうした動きをつぶさに取材した毎日新聞欧州総局(ロンドン)の坂井隆之記者は、「ポピュリズムをあおる政治家は、国を誤らせるということ。そういった政治家は、最後は責任を取らず、簡単に逃げ出す」と強く批判します。

 坂井記者は毎日新聞7月7日朝刊で、「英国のEU離脱問題 ツケを払うのは国民だ」と題するコラム「記者の目」を書きました。この「記者の目」の概要をこちらに掲載します。

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2334文字)

坂井隆之

統合デジタル取材センター副部長(元ロンドン特派員)

1972年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で日銀、金融庁、財務省などを担当。12年~16年、欧州総局(ロンドン)特派員として、欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。20年4月から現職。共著に「AIが変えるお金の未来」(文春新書)など。