自動車不正リポート

三菱自、東芝不正を温存した「名門企業のエリート」

編集部
  • 文字
  • 印刷
三菱自動車に検査に入る国交省職員=愛知県岡崎市で2016年4月21日、木葉健二撮影
三菱自動車に検査に入る国交省職員=愛知県岡崎市で2016年4月21日、木葉健二撮影

相次ぐ企業不正(1)

 東芝、三菱自動車といった名門企業で不正が相次いでいる。燃費不正の問題を追及した「三菱自動車の闇」(毎日新聞出版)をまとめた週刊エコノミスト編集部の金山隆一編集長と、会計不正をテーマとした「東芝 終わりなき危機」(同)を出版した経済プレミアの今沢真編集長が、「なぜ企業不正が相次ぐのか」をテーマに対談した。司会は毎日新聞出版の山口敦雄・図書第2編集部編集長代理。

 −−名門企業で不正が相次いでいます。とくに三菱自動車の場合は、2000年代初めの2度のリコール隠し…

この記事は有料記事です。

残り2605文字(全文2846文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz