週末シネマ

「ローマの休日」脚本家はアメリカ反共主義と闘った

  • 文字
  • 印刷
Photo Hilary Bronwyn Gayle
Photo Hilary Bronwyn Gayle

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

 「ダルトン・トランボ」と聞いて思い当たる人は、けっこうな映画通。名前にピンとこなくても、「ローマの休日」を知らない人はいないだろう。その脚本を書いたのが、トランボだ。

 「ローマの休日」は1953年、アカデミー賞で原案賞を受賞したが、当時の脚本は別人の名前、受賞者もトランボではない。トランボはこのころ、ハリウッドで表向き仕事ができなくなっていて、友人の名前を借りざるを得なかったのだ。いったいなぜ? その内幕を描いたのがこの映画である。

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1568文字)