政治・経済辻野晃一郎の「世界と闘え」

テスラ自動運転死亡事故をユーザーはどう判断すべきか

辻野晃一郎 / アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

 先日、東京都内でタクシーを拾ったら米テスラモーターズのモデルSだった。今でこそまだレアな偶然だが、そのうち珍しくもない光景になることだろう。ところで先日、そのモデルSで、自動運転機能(オートパイロット)作動中に初めての死亡事故が発生したことが明らかになり、話題となった。

 事故が起きたのは5月7日、場所は米フロリダ州の幹線道路交差点だ。ドライバーがオートパイロットを作動させて走行中、反対車線から大型トレーラーが左折して交差点に進入し、ブレーキをかけた痕跡がないままトレーラーの下に潜り込む形で衝突。男性ドライバーが死亡したという。

 6月30日付のテスラ社の公式ブログには、「オートパイロットもドライバーも、強い日差しの空を背景に、…

この記事は有料記事です。

残り2346文字(全文2663文字)

辻野晃一郎

辻野晃一郎

アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

1957年福岡県生まれ。84年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニー入社。VAIOなどの事業責任者、カンパニープレジデントを歴任。2007年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。著書に「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」(新潮社)、「リーダーになる勇気」(日本実業出版社)、「『出る杭』は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(文芸春秋)などがある。