マンション・住宅最前線

探せば見つかる「都心30分圏駅2分」の高くない新築

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ルピアコート川口戸塚の外観
ルピアコート川口戸塚の外観

 今、首都圏では、都心マンションと郊外駅近マンションの人気が上がり、価格が高騰している。

 川崎市の武蔵小杉や横浜市のみなとみらい、東京・国分寺、埼玉・浦和では、70平方メートル3LDKが7000万円以上という水準が当たり前になりつつある。

 そんな中、駅から徒歩2分で、約61平方メートルの2LDKが2500万円台から、約75平方メートルの3LDKでも3300万円台から、という予定価格のマンションが分譲を開始する。埼玉県川口市内で中央住宅が分譲する「ルピアコート 川口戸塚」だ。

 その最寄り駅は、埼玉高速鉄道「戸塚安行(とつかあんぎょう)」駅。「飯田橋」駅まで33分、「永田町」…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1584文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。