躍動する科学ベンチャー

科学ベンチャー経営者の「勘違いする力」とは

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
センサーで読み取った生体信号で動くメルティンMMIの筋電義手=メルティンMMI提供
センサーで読み取った生体信号で動くメルティンMMIの筋電義手=メルティンMMI提供

 経済プレミアで連載した「躍動する科学ベンチャー」が7月1日、書籍「『勘違いする力』が世界を変える。」(リバネス出版、1620円)として出版されました。連載に登場した科学ベンチャー11社の若手経営者たちの熱い思いと、特別寄稿、特別鼎談(ていだん)が収録されています。連載コーディネーターで、科学ベンチャーの草分け企業・リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)が、編著者を務めました。

 連載「躍動する科学ベンチャー」は、社会的に大きな試みに挑むサイエンスベンチャーとその創業者(経営者)を取り上げ、ユニークな技術やアイデアをビジネスにする過程と、それらの企業が活躍することで実現される未来の姿や、解決される問題を明らかにしました。

 登場した企業は、世界で初めてユーグレナ(ミドリムシ)の屋外大量培養に成功して食糧問題の解決を目指すユーグレナや、遺伝子の正しい知識を広めるために学生起業して遺伝子解析サービスを展開するジーンクエスト、台風発電を実現する垂直軸型マグナス風力発電機の開発を進めるチャレナジー、センサーで読み取った生体信号で動く義手を開発するメルティンMMI、人が搭乗するガンダム型重機の実現をもくろむ人機一体など11社…

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文2166文字)

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。