自動車不正リポート

企業が不祥事や内紛を隠せない時代になった

編集部
  • 文字
  • 印刷
燃費不正が発覚し、記者会見冒頭で頭を下げる三菱自動車の相川哲郎社長(肩書きは当時)=2016年4月26日、徳野仁子撮影
燃費不正が発覚し、記者会見冒頭で頭を下げる三菱自動車の相川哲郎社長(肩書きは当時)=2016年4月26日、徳野仁子撮影

 企業の不祥事が多発し、人事抗争や創業家との対立といった企業統治上の問題も噴出している。金山隆一・週刊エコノミスト編集長と今沢真・経済プレミア編集長の対談で、「企業は不祥事を隠し切れない時代になった」という認識で一致した。【司会は山口敦雄・毎日新聞出版図書第2編集部編集長代理】

 −−まず、東芝の不正会計で、歴代3社長の刑事責任をめぐり、東京地検特捜部と証券取引等監視委員会の見解が対立しているとの報道がありました。監視委は「明らかな粉飾」と見ているのに対し、地検は「立件は困難」と考えが分かれているようですね。

 今沢真編集長 東芝の不正は「明らかに粉飾」という見方が会計の専門家には多いです。ただし、具体的に、金融商品取引法の「有価証券報告書の虚偽記載」で個人の刑事責任を問うかとなると、時効とか、公判維持とかの問題が出てくるのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2312文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz