この酒場この一品

炎と香りの演出で盛り上がる大人のベトナム料理

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
「海老のビール蒸し」(2200円)。立ち上る炎の演出が大人気
「海老のビール蒸し」(2200円)。立ち上る炎の演出が大人気

東京・赤坂「ベトナム料理 ロータスパレス赤坂」

 最近では専門店も増え、徐々に身近な存在になってきているベトナム料理。実際、フォー、バインセオ、バインミーなどの料理名を、一度は耳にしたことがあるのではないだろうか?

 ベトナム料理は、中国文化と統治下にあったフランスの食文化の影響を色濃く受けて発展してきたと言われており、日本人にも親しみやすい味わいが特徴だ。

 さまざまなタイプのベトナム料理店がある中、「大人のためのベトナム料理」をうたい、上品に落ち着いた空…

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1675文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。